【2023年版】自宅(蓄電目的)で太陽光発電を導入するときに、見積もりに失敗しないポイントは?

このページでは、自宅(蓄電目的)で太陽光発電を導入するときに、見積もり時に失敗しないキーワードと、おすすめの見積もりサイトを紹介します。

いままでは「売電」を目的とした太陽光パネルの購入が一般的でした。
しかし、昨今の電気料金高騰や、太陽光パネルの価格に値ごろ感が出てきたため、一緒に蓄電池も購入して自家使用や停電対応を考えたいと思うようになったのではないでしょうか?

ただ、いまだに売電を中心に据えたおすすめ記事が多く、蓄電池も過渡期の記事が引っかかりやすいので、おすすめサイトを見るたびに大混乱に陥るかもしれません。
間違ったシステムを購入しないようにするのはどうしたら良いのか?を考えてみましょう。

目次

この記事で扱わないもの

0円ソーラーはこの記事の対象外です

「無償で太陽電池を設置します」といった、いわゆる「0円ソーラー」と呼ばれるサービスは、電気会社のために場所を貸すといったシチュエーションが多く、それでは自家使用が出来ないと思いますので、蓄電・停電対策での選択肢には入らないと思います。

いわゆる「売電」でも「自家使用」でもありません。

売電目的の購入者もこの記事の対象外です

蓄電池を使用した自家使用を考えていない場合も、他のおすすめサイトをご参照することをおすすめいたします。

太陽光発電の一般的なメリット・デメリット

この記事を探し当てたあなたは、すでにメリット・デメリットを把握しているはずです。
ここにあまり時間をかけたくないので、とりあえず、箇条書きにとどめておきます。

このあとの章が本題になります。

太陽光発電の一般的なメリット

  • 電気代の節約
    • 再エネ賦課金も削減できる、これも大きい
    • 自分で使用できないシステム(過去の売電システムや0円ソーラー等)では、節約はできない
  • 蓄電池があれば夜間の電気料金の節約にもなる
    • 日中のほうが電気料金は高いので、昼間は我慢するのは本末転倒
    • あくまでも、余剰電力を蓄電池に回し、夜間や停電時の補助をすることが大切
  • 災害に強い
    • 蓄電池が必要
    • 過去のシステムでは緊急用のコンセント以外は使えないので注意(後述)
    • 夜間への蓄電が不足気味なのであれば、その段階で電力はストップするので、日中の節約等のシミュレーションが必須
  • その他のメリット
    • エコで環境に優しい
    • 売電もできる(FIT)
    • 設置時に補助金を使える場合がある

太陽光発電の一般的なデメリット

  • コストがかかる
    • 以前の太陽光システムの導入は「売電」を目的としたもの
    • 売電だけを行うのであれば、コストはさほど掛からなくなってきているので、以前との比較では間違い
    • ただ、自家使用を考えるのであれば、ここに蓄電池等のコストが加わるため、トータルコストは以前と変わらない
  • メンテナンス費用がかかる
    • 法律で義務化、4年に一度
  • FITが終わって放置すると、電力会社に無償供与していることになる模様
  • 売電の旨味が少なくなっている
    • 自家使用を考えるべき
  • 季節や天候で発電量が左右される
  • 屋根に負担がかかる
    • 雨漏りが発生するリスクがある
    • 耐重を考えると中古住宅ではリスクがある
    • 鳥やハチの巣に注意
  • お隣さんに光が反射する
    • 業者や専門家に事前に見てもらう
  • 業者の出入りが激しく、倒産してしまうことも
    • これは施工業者の話ではなく、電力会社経由だとリスクが高いのでは?と思われる

この記事の対象者について

ここからが本題になります。

この記事はもうすでに、メリット・デメリット記事をいくつも読んでいて、導入に傾いている方への記事になります。

今どきのニーズを考えると、太陽光発電システムの購入を検討しているあなたは、このようなことを考えているはずです。

  • 売電ではなく、自家使用を優先したい
  • 発電した電気は夜間にも使えるようにしたい
  • 停電時にも備えたい
    • 停電時にも全部屋で使えるようにしたい
    • 200Vの電化製品にも対応してほしい
  • なるべく業界標準で互換性があり、時流にあったものだと嬉しい
  • オプションが必要ならばそれも(EV、エコキュートなど)

このニーズは後々登場します。

太陽光発電の導入コストは安くなったと聞いたが、あれ?高いまま?

売電から蓄電にシステムが変わってきたので、コストが変わらない(高い)と錯覚する

デメリットの「コストがかかる」で触れましたが、以前の太陽光システムの導入は「売電」を目的としたものです

なぜかというと、蓄電池が高すぎて手がでなかったからです。
なので、電気を貯める手段がありませんでした。

しかし、太陽光パネルが安くなり、蓄電池も安くなり、蓄電を含めた太陽光システムが使用レベルに達してきたことで、当時のコストの範囲内に入ってきたのです。

なので、金額は変わらない(か、やや高い)と錯覚するんです。

同じ金額で、飛躍的に便利になってきています。

用語を覚えて、仕組みを覚えて、見積もりに強くなろう!

ハウツーサイトの情報は日々変わってきているので注意

「売電から蓄電にシステムが変わってきたので、コストが変わらない(高い)と錯覚する」に書いたとおり、まさに変化している過渡期です。

ですので、あなたが見ていいるハウツーサイトの情報が実は古い可能性があります

しかし、太陽光+蓄電システムを業者へ依頼する際に必要なポイントは、そこまで多くないと思いますので、この記事で取り上げる「自立運転機能」「特定負荷」「全負荷」「単機能型」「ハイブリッド型」「HEMS」程度を覚えておくと見積もり時に、イメージを伝えやすくなるでしょう。
(EVと連携したい方は「V2H」も。)

今までの売電システムを流用するには「単機能型蓄電池システム」を導入

こちらはすでに太陽光をシステムを導入している方向けです。
新たに導入する方は、次の「~ハイブリッド型へ」に進んでください。

以前の太陽光ビジネスは、一般家庭には売電させて、こちらの電気は買ってもらって、差し引き儲かりますよ!という、双方が一方通行なシステム
なので、これから考える「蓄電」とは、システムが異なります。

もうすでに売電用のシステムを導入されている方で、それを自家使用に転用できるとした場合、それに蓄電池を加えたいのでしたら「単機能型蓄電池システム」を加えることで実現できそうです。

お持ちの太陽光システムでは、太陽光(直流)をパワーコンディショナーにて交流化し家庭用の電源としていますが、蓄電池は直流のため、交流を再度直流に戻すパワーコンディショナーが別途必要となります。
これ(蓄電池+追加パワコン)が「単機能型蓄電池システム」です。

ただし、「単機能型蓄電池システム」を調べると、一般的に交直流の変換が二重に行われるため、変換ロスが発生するようです。
これがデメリットでしょうね。

メリットは別にあり、実は「単機能型蓄電池システム」は太陽光抜きで蓄電池で電気を貯めたい!というニーズにも対応しているようです。
(メーカー・製品は限られるかもしれせん。)

ただし、もうすでに売電用のシステムを導入されている方で、もし、そろそろパワコンの製品寿命が近づいているなあ…と思っているのなら、「単機能型」ではなく、次に紹介する「ハイブリッド型」のパワコンに置き換えるという選択肢のほうが賢明かと思います。

パワーコンディショナー(パワコン)は蓄電を前提としたハイブリッド型へ

これから太陽光を導入するのなら、蓄電の変換ロスを抑えることができる「ハイブリッド型」一択です。

ハイブリッドパワーコンディショナ(シャープ)

先程の変換ロスが解消できますし、一般的に停電時の出力が高いといわれています。

さらに、EV(V2H)も加えたトライブリッド型もあるようです。

新しくなったトライブリッド蓄電システム(nichicon)

停電時にコンセントを差し替えないと使えない「自立運転機能」

以降は、停電時の対応について考えます。

古い記事では「停電時は自立運転機能で別のコンセントに刺せ」と書いてあることが多いです。
そこに登場するのは「自立運転機能」という機能なのですが

かいつまんで書くと「停電時は、停電モードに切り替えて、周辺にある停電対応のコンセントが1~2つあるので、そちらに冷蔵庫等を刺し直して、急場をしのぎましょう。」として用意されている仕組みです。

停電時でも電気が使えます(太陽光発電協会)

すでに太陽電池システムを導入している方は、ほぼ「自立運転機能」のみとなると思います。

これはパワコンについている機能で、室内型パワコンですと、その本体の何処かに非常用コンセントがあります。
屋外型パワコンでしたら、リビング等に施工会社が「非常用コンセント」を用意しているはずです。

これでは「停電時にはロウソクを立てましょう!」のグレードアップ版にしか過ぎないですよね。
と、今ならそう言えますが、数年前まで、これが当たり前だったはずです。

今でも、検索してもこれが引っかかりやすいです。
これから購入を考えている方は、異なる記事を探したほうが良いかと思います。

停電時に特定の部屋しか回復できない「特定負荷」

ではなく、近年の太陽光発電システムは、分電盤と連携し、部屋ごとのブレーカーの単位で、停電時も通電が出来るようになっています。

ただし、蓄電システムを導入したはずなのに、「特定負荷」の製品を選んだことにより、結局、1部屋のみしか電気がつかなかったよ。トホホ…ということがありえるかもしれません

蓄電池選びに全負荷と特定負荷どちらがいい?/特徴

停電時に全部屋回復できる「全負荷」

それでは困るという方は、「特定負荷」ではなく「全負荷」の製品を選んでください

これで、全部屋に停電対策がとれるはずです!

気をつけるべきは、夜間に停電が回復されなかった場合、蓄電池の残量に気をつけることです。
日中に使いすぎないようにバランスよく考えましょう。

シミュレーションも楽しいかもしれませんね。

夜間の蓄電に不安があるのであれば、ガスから発電を行う「エネファーム」と太陽光を共存させるシステムもあります。
また、EV内の蓄電池も共用する仕組み「V2H」もあります。
気になるのであれば、問い合わせてみるのも良いでしょう。

全負荷型でも一時的な停電は現状では発生するようです。
もし、PC等をお使いの場合は、PC用の無停電電源装置等も別途考えましょう。

HEMSとは

さらに、それらを一括で管理するシステムを「HEMS」(Home Energy Management System)といいます。

スマートHEMS : HEMS(ヘムス)とは?(パナソニック)

(ガスから発電する)エネファームや(電気+大気中のCO2を利用してお湯を沸かす)エコキュートやV2Hなども管理することが出来ます。

HEMSを検索すると、ZEHといった用語を一緒に目にするようになりますが、こちらは「エネルギーコストゼロ以下の家を目指そう」とする指標を表した用語で、システムそのものを指した用語ではありません。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEHゼッチ)とは(パナソニック)
知っておきたいエネルギーの基礎用語 ~新しい省エネの家「ZEH」(資源エネルギー庁)

どこにお願いしたら良い?

注意すべき用語を覚えたことで、いよいよ業者探しと交渉です。

注文住宅・建売新築なら、住宅メーカーへ?

住宅メーカーに、将来的に太陽光発電も考慮に入れた住宅設計をお願いしていたならば、まずは住宅メーカーなのでしょうね。
この場合は、メーカー縛り等で選択肢が少ないこともありえます。
もしそのメーカーに「全負荷」がなければ、他の選択肢がないかを相談しましょう。

流石に、最近はそういうことは無いとは思いますが…

建売物件を購入する際も、オプション等で設置できるのか確認してみるのも良いでしょう。

住宅メーカーに従わないと後が怖い…かどうかは、それぞれの事情があると思いますが、しがらみがないのであれば、次以降の選択肢へ進みましょう。

お近くのパナソニックのお店へ?

我が家は割りと「パナソニックのお店」のお世話になっていて、定期的に商品カタログを貰ったりしますが、その中に太陽光システムも入っているんですよね。

パナソニックのお店の入り口の看板を見ても「リフォーム」って書いてあったりしますよね。

実は「パナソニックのお店」が生き残っているのは、パナソニックが住宅メーカーでもあることが大きいです。
その中にも当然ながら太陽光システムがラインアップされています。

ただ、カタログを見ると、ちょっと戸惑います。
パナソニックは一般向けに専門用語をあまり使わないようで、逆にわかりにくいのですが、よく見ると「全負荷」相当の製品も「ハイブリッド型」相当の製品もあるようですね。

パナソニック製は高いイメージがありますが、それだけ製品の品質は高そうです。
さらに「パナソニックのお店」のアフターサービスを考えると、選択肢に十分に入ってきそうな気はします。

デメリットはCMソング「明るいナショナル」の「家中なんでもナショナル~♪」にもあるように、業界標準なのか、独自仕様なのかが、イマイチわからないことでしょうか。
(これは他のメーカーにも独自の呼称があるので、似たりよったりかも…なのですが。)

太陽光専門の見積もりサイトへ?

いや、ここは自分で考えたいなあ…

安くあげたいなあ…

将来性を考えて互換性に強いメーカーを選びたいなあ…

という方へ、実は太陽光の見積もりサイトがあるんです!

その前に、こちらにも目を通しましょう。
中抜きではなく、ダイレクトに要望が届きやすい施工会社と契約すべし!ですね!

おすすめ見積もりサイト:ソーラーパートナーズ

実は施工会社のみを集めた見積もりサイトが実在します。
それは、ソーラーパートナーズです。

ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズは、中抜き業者を排除しているようです。

ページ下部にある漫画も熱いですね!

見積もりサイトを利用する際に伝えるべきこと

「この記事の対象者」にあるリストの内容を、もう一度振り返りましょう。

  • 売電ではなく、自家使用を優先したい
  • 発電した電気は夜間にも使えるようにしたい
  • 停電時にも備えたい
    • 停電時にも全部屋で使えるようにしたい
    • 200Vの電化製品にも対応してほしい
  • なるべく業界標準で互換性があり、時流にあったものだと嬉しい
  • オプションが必要ならばそれも(EV、エコキュートなど)

でしたよね?

ならば、まずは、それを素直に伝えれば良いと思います。
素人目線で一般的な表現で伝えていきましょう。

「全負荷でハイブリッドでお願い」と、専門用語を「ギロッポンでシースー」みたいに使ってしまうと、この人はわかる人だと勘違いして、告知すべき箇所が抜け落ちる危険があります。
(「最近『HEMS」という言葉を聞いたのですが、これらの製品がそうなのですか?」「カタログを見たら『全負荷』と書いてありましたが、これは何ですか?」でしたらOKでしょう。)

発電した電気は夜間にも使えるようにしたい」ならば、その答えは「蓄電池」でしょうし、最新のハイブリッド型を薦めてくると思います。

「全負荷でお願いします!」よりも「停電時でも全部屋で電気が使えるようにして欲しい!200Vにも対応してほしい!」ですね。

専門用語の「全負荷」や「ハイブリッド」といったチェックポイントは、見積もり時の説明で、再確認すればいいと思います。

もし、ここでメーカーやブランドに拘らなければ、業界標準かつ互換性の高い、知る人ぞ知るメーカーや製品をお薦めされると思います。
田淵電機のEIBS7ですとか。
一見して知らないメーカーだと不安になるかもしれませんが、それ(ソーラーパネルとの互換性等のノウハウ)が、その施工業者のウリ(得意分野)でしたら、従ったほうが吉だと思います。

また、この記事にももう一度、目を通しましょう。

ここで、もし闇雲に値切ってしまうと、矛先が知らないうちに低グレード製品に向かうリスクもあります
(パワコンが変えられないのであれば、ソーラーパネルを安価で変換効率の低い製品に変更される等。)

そういった場合に備え、施工業者は予めいくつかのプランを提示してくると思いますので、予算にあったプラン変更を検討する方向で考えましょう。

複数社の相見積もりの比較について

決して安さだけで判断しないでください。

  • 安い業者は、要望が抜け落ちていないか?
    • 自分が望んでいる機能が満足しているか?
  • 安い業者は、グレードが落ちていないか?
    • 各社、グレードが一致すると、そこまで大きな価格差がなくなる(かも)
  • メーカーやブランドが記載されているとより嬉しい
    • 知る人ぞ知るメーカーは実は業界標準かも
    • メーカーのブランドイメージも大切かも
  • 施工会社で検索し、自社サイトや評判等を覗いてみる

といったところで判断すると良いと思います。

もし、各社ともにコストに不満があった場合、どの部分のグレードを落とせば、金額的に満足できるかを探ってみましょう

FAQのようなもの

質問集ですが、こちらはすべて、見積もり時に施工業者さんへ投げかけたほうが良いです。
メーカーによって、出来る出来ないはあると思います。

蓄電池って、太陽光の電気しか貯められないの?

そんなことはありません。
製品によっては、太陽光が思ったほどのパワーがない場合は、夜間の安価な電気を貯めて、日中に太陽光不足分を補うということもできるはずです。
また、ガスを使用したエネファームという選択肢もあると思います。
さらにEV車をお持ちでしたら、V2Hという手段もあります。

V2Hとは

予算の関係で、蓄電池を後で購入して…という手法はOKなの?

可能だと思いますが、見積もり時に確認したほうが良いです。
知らずのうちに単機能型を設置されてしまい、後々コストが余計にかかるかもしれませんし、いや、将来的にもっといい製品が出るから、コストダウンを優先し、今はあえて単機能型で良いという選択肢もあるでしょう。

自家使用を目的にしていますが、それでも売電はできるの?

優先順位として「太陽光を直接自家使用>余剰分は蓄電池へ充電>それでも余ったら売電」ですよね?
(製品によっては)可能だと思いますが、これも相談してみてください。

最後に

こういう知識を持っていると、うるさい顧客だと思われるかもしれませんが、施工業者にとってはノウハウ・ナレッジが溜まっていきますので、お互いによって良いことだと思います。

(ある程度の知識のある)あなた向けに、ここに紹介した以上の素晴らしいシステムを、紹介していただけるかもしれませんよ。
そういったものにも期待しましょう。

それでは、また。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次