ITフリーランスなら現金勘定は廃止して事業主借と事業主貸一本でも良いかもしれない

このページでは、個人事業主特有の勘定科目「事業主借」「事業主貸」を使って、現金勘定を使用しない簡単な仕訳法を解説します。

さて、今回は「事業主借」「事業主貸」についてです。

私はITフリーランスですが、現金勘定の残高管理に悩んでいます。
知らないうちにマイナスになってしまい、慌てて充当したり…
いっそのこと、現金を持たずにキャッシュレス決済だけで生きていこうと、お昼ご飯を食べながら決意していますが、ここの定食屋って現金決済のみなんですよね…
早くもくじけそうです。

確かに残高を合わせたりするのは疲れますよね。
良い方法がないか調べてみましょう。

勘定科目や補助科目については、やよいの青色申告をターゲットにして、説明しています。

目次

現金勘定+事業主借勘定と事業主貸勘定での一般的な仕訳について

事業主借と事業主貸の定義について

まずは、そもそも、事業主借と事業主貸とは何でしょうか?

事業主貸、事業主借とは?仕訳例と注意点を税理士が解説!

個人事業は、事業主である自分とプライベートの自分とが常に同居しています。帳簿をつけるうえでは、事業とプライベートとを分ける必要があり、そこで使用されるのが「事業主勘定」です。

事業主貸、事業主借とは?仕訳例と注意点を税理士が解説!

確かに、一般的な簿記会計には事業主借と事業主貸は存在しません。
これは、個人事業主・フリーランスの財布や口座が、物理的に分かれていないことも多く、帳簿上、私用での用途を明確にしたいために用意されたものかと思います。

仕訳例

私がよく行う仕訳をいくつかピックアップします。

先月請求した売上が振り込まれた

借方/補助科目金額貸方/補助科目金額
普通預金/○○銀行499,780売掛金/△△商店500,000
支払手数料220

ATMから15万円を引き出した。内、10万円は自家使用とし、残額は現金に充当した

借方/補助科目金額貸方/補助科目金額
事業主貸100,000普通預金/○○銀行150,000
現金50,000

または、

借方/補助科目金額貸方/補助科目金額
事業主貸150,000普通預金/○○銀行150,000
借方/補助科目金額貸方/補助科目金額
現金50,000事業主借50,000

のいずれか。
1行仕訳のほうが楽であれば、分けて入力しても良いでしょう。

コピー用紙を購入した

借方/補助科目金額貸方/補助科目金額
消耗品費700現金700

現金勘定を使うメリット・デメリット

現金勘定を使うメリットとしては…

  • 現金勘定と事業主貸/事業主借で、事業用と自家使用が明確になる

…くらいで、デメリットは…

  • 一般的な会計システムは月次毎の残高が集計されるが、都度プラスになるように調整する必要がある
  • 年毎の集計しかない場合でも、年末の残高はプラスにする必要がある
  • 税務調査があった場合、その日時点の残高を合わせる必要が生じてしまう(はず)

デメリットの方が遥かにデカい気がします。

勘定科目は期末(個人事業主・フリーランスの場合は年末)にマイナスにはなってはいけないので、最低限、期末にはプラスになるように調整しています。
(会計ソフトによっては月次の試算表が出ますので、月末毎に合わせないと、格好がつかないかな。)
これが結構めんどくさいのですよね。

なにか良い方法はないでしょうか?

現金勘定の使用を止め、事業主借勘定と事業主貸勘定にすべて任せてしまう

接客業以外は事業主借勘定と事業主貸勘定のみで管理する

検索してみるとよさげな方法がありました。

【フリーランス】帳簿の現金勘定を廃止して効率的に帳簿をつけよう

現金勘定の使用を止め、事業主借勘定と事業主貸勘定に任せてしまう方法ですね。

小売業や飲食業を除いて、現金勘定は使わない

【フリーランス】帳簿の現金勘定を廃止して効率的に帳簿をつけよう

ズバリこれがポイントでしょうか。
ただ、例えば美容室なども現金を扱う商売ですので、広い意味で接客業以外の、売上=振込入金が中心の業種は、現金勘定を止めてしまおうという考えですね

仕訳例

前章の仕訳例を現金勘定を廃止した形で改めてみましょう。

先月請求した売上が振り込まれた

借方/補助科目金額貸方/補助科目金額
普通預金/○○銀行499,780売掛金/△△商店500,000
支払手数料220

こちらは変わらず。

ATMから15万円を引き出した。内、10万円は自家使用とし、残額は現金に充当した

借方/補助科目金額貸方/補助科目金額
事業主貸150,000普通預金/○○銀行150,000

口座引落はすべて事業主貸となります。
現金への充当はなくなります。

コピー用紙を購入した

借方/補助科目金額貸方/補助科目金額
消耗品費700事業主借700

費用はすべて事業主借とします。

現金勘定も、事業主借も総額はあまり変わらない

よくよく考えると、現金勘定を使った場合でも…

  • 事業主借の合計※=現金の充当金額計+現金の期末残高
  • 費用総額=事業主借の合計※-現金の期末残高

 (※事業主借を現金のみで使用した場合。)

…ですし、現金勘定を廃止した場合は…

  • 費用総額=事業主借の合計

…なので、その差は現金の期末残高でしかないですしね。
事業主借の合計が突拍子もない値にはならないはずです。

現金勘定を廃止するメリット・デメリット

現金勘定を廃止するメリットとしては…

  • 現金勘定のマイナス問題に立ち向かわなくて良くなる
  • 税務調査があった場合、その日時点の残高を合わせる必要もない
  • 数ヶ月まとめてインプットといったこともやりやすい

デメリットは…

  • 税務調査の際に、私はこうしていますと説明する必要はある(かもしれない)

その際は、これこれこういった記事があり、それを元にやっていますということでしょうか。

最後に

というわけで、私も今年からこの方法で行うことにします。

それでは、また。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次